‘任意売却’ カテゴリーのアーカイブ

空き家・古家再生事業&任意売却事業

2019/01/23

おはようございます、今日は水曜日で本当はお休みなんですが、弊社が購入する物件の決済があるので出社しております。弊社が力を入れている「空き家・古家再生事業」で、今回は門司区柳町一丁目の物件を購入します。スーパーやコンビニ、バス停、駅が徒歩圏内で立地は抜群です。しかし、建物はかなり古くリフォームが必要ですが、弊社では必ず甦らせることができると思っております。リフォームが終われば、「Buddy House柳町」としてオープン致します。敷金礼金0ヶ月、ペット飼育可にする予定です。詳細についてはお気軽にお問合せください。今年に入り、空き家・古家・ボロ家の処分にお困りの方からのお問合せが増えてきました。金曜日も八幡東区に行ってきます。どんな物件なのか今から楽しみです(^^)/

 

そして、先日は嬉しいことがありました。昨年末に無事に任意売却が成功したお客様からアンケートハガキが届きました。嬉しいお言葉をいただくことができました。サービサーの応諾価格が高く、成約までになかなか苦戦した物件でしたが、無事に決済することができ本当に良かったです。今年に入り、任意売却についてのご相談も多くなりました。弊社は任意売却の専門家として開業以来ずっと活動しております。他社と比較して、知識、経験、実績において絶対負けないという自負があります。任意売却は時間との勝負です。住宅ローンにお困りの方、不安のある方はお気軽にご相談ください。心よりお待ちしております(^^)/

 

※先日いただいたアンケートハガキです。ぜひご覧くださいませ♪→「お客様の声」

※今日のお薦め物件はこちらです♪→北九州市若松区西天神町売家  オール電化&P4台

 

離婚が原因での任意売却

2019/01/15

おはようございます。3連休も終わりましたね、弊社は3連休はしっかり営業しておりました。今日も元気に頑張ってまいります。さて、今日は離婚が原因での任意売却についてお話ししたいと思います。現在、3組に1組が離婚しているというデータがあります。弊社に住宅ローンの相談に来られるお客様の中でも離婚が原因のかたがとても多いです。離婚に伴う住宅ローンの相談では、いろんなケースがあります。離婚するので連帯債務者、連帯保証人を外れたい、離婚した元夫が住宅ローンを払うようになっていたが最近払っておらず金融機関から通知が届いた、売却したいが共有名義になっていて相手が協力してくれそうにない等々…。

 

離婚が原因で相談に来られるお客様の多くは共有名義になっている方が多いです。次に、連帯債務、連帯保証人のケースですね。どちらにしても、任意売却には相手の協力が必要になります。なかなか本人同士では話ができなかったりしづらかったりしますよね。その際、私達任意売却の専門家が間に入り、お互いの話や希望を聞きながら進めてまいります。第三者が間に入ることによりまとまりやすくなることも多々あります。しかし、相手の連絡先等が分からなければそれも難しくなります。離婚して年数が経過している場合は特に相手の居場所や連絡先を知らないということも多いですよね。しかし、共有名義、連帯保証人、連帯債務者になっている場合は気を付けてください。「相手が払っていく」と約束したとしても将来的には何があるか分かりません。そのような約束を交わしたとしても住宅ローンの金融機関には関係ありません。お互いに支払いの請求があります。お気を付けください。離婚が原因で住宅ローンの返済にお困りのかた、お気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願い致します。

 

※弊社では任意売却専用サイトを運営しております。そこで、離婚のコーナーもあるのでぜひご覧ください。→離婚が原因での任意売却

※今日のお薦め物件はこちらです(^^)/ →門司区西新町一丁目売家  オール電化&太陽光システム完備

シルバー返済特例について

2019/01/10

おはようございます。今日は最近質問が増えてきた「シルバー返済特例」についてお話ししたいと思います。住宅金融支援機構のホームページにも記載されているんですが、特徴としては、

□ご返済が困難となっら高齢者の方を対象とし、毎月のご返済を利息のみとする制度です。但し、元金残高は減りません。

□元金はご本人がお亡くなりになられた際の一括返済とし、ご自宅の売却によりご返済いただきます。

□売却により債務が残った場合、残債務について相続人への請求はありません。

このように、メリットの多そうな仕組みですが、利用するには審査が当然あります。そして、利用できる条件もあります。下記にまとめましたのでご覧ください。

□制度ご利用時点で満70歳以上であること。

□現に融資住宅に居住し、今後も居住を継続する予定であること。

□ご返済を開始してから20年以上経過していること。

□現在遅れなくご返済いただいていること。

□土地と建物に機構の抵当権が設定されていること。

□以下の収入基準のいずれかを満たす方

①年収が機構への年間総返済額の4倍以下

②月収が世帯人数×64,000円以下

③住宅ローンの年間総返済額の年収に対する割合が、年収に応じて下表の率を超える方で収入減少割合が20%以上 ※表については住宅金融支援機構のHPでご確認ください。予めご了承ください。

 

どうですか?条件をクリアし、そして審査に通れば利用することが可能です。ご自身は利用できるのか、又、利用したほうが良いのかどうか等々いろんな面から検討したほうが良いと思います。ご利用についてのご相談もいつでも受付いるのでお気軽にお問合せください。どうぞよろしくお願い致します。

 

※弊社では住宅ローンにお困りの方のサポート事業に力をいれております。ホームページではコラムでいろんな情報を提供しているのでぜひご覧ください♪→コラム

※今日のお薦め物件はこちらです♪→北九州市門司区西新町一丁目売家  高気密高断熱の家です(^^)/

退去確認してきました(^^)/ ご協力ありがとうございました!!

2018/12/25

おはようございます。昨日はクリスマスイブでしたね~。私も昨日は早めに上がり、家でクリスマスパーティーをしました(^^)/ 息子のところにはサンタさんが来てくれたみたいで、欲しがっていた仮面ライダーのおもちゃが届いていました(笑) 帰ったら嬉しそうに遊んでいました♪あの笑顔を見るだけで疲れなんか吹っ飛びますね(^^)/ そして、美味しい料理をいただき、ケーキもいただきました♪ 息子の保育園では今日クリスマス会をするそうです。サンタさんも大変ですね~(^_^;)

yjimage[1]

さて、先日は今日決済の物件の退去確認、鍵の預かりに行ってきました。今回の物件は離婚している奥様と息子様がお住まいで、ご主人から売却のご依頼をいただきました。売出し前に奥様に事情を説明し協力のお願いをさせていただきました。好条件の揃った物件ですぐに買主様は見つかることができました。なかなか次の住まいが見つからず苦戦したようですが、お約束通り、期限内に引越しを終えてくださり、退去確認、そして鍵を預かることができました。ご協力いただき、本当に感謝、感謝です。途中報告もちゃんとくれて、有難かったです。今日、無事に決済を迎えることができました。しっかり準備をして臨みたいと思います。T様、今回は本当にありがとうございました。助かりました、感謝しております。今後ともどうぞよろしくお願い致します(^^)/

※弊社では住宅ローンにお困りのかたのサポート事業に力を入れております。一人で悩まず、まずはご相談ください。そこがスタートです。任意売却専門の私達がしっかりサポートさせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。→西日本任意売却サポートオフィス

※今日のお薦め物件はこちらです♪→ホワイトパレス南小倉301号  広いルーフバルコニーが魅力です(^^)/

サービサーについて

2018/12/21

おはようございます。今日は同業者の忘年会があります。まだ体調が本調子ではないので無理しないようにしたいと思います(^_^;) 今年の残り少ないですね~、あと10日間です(^_^;) びっくりです!!弊社は12月27日(木)に大掃除と忘年会を行います。そして、28日(金)から1月3日(木)まで年末年始休暇となっております。4日(金)からパワー全開で頑張っていきたいと思います。さて、今日はサービサーについて説明させていただきたいと思います。

サービサーとは法務大臣から営業許可を得て、貸付債権の管理回収業務を手掛ける債権管理回収専門会社のことです。金融機関などから債権の管理回収業務を受託して手数料収入を得たり、債権を買い取ったうえで担保不動産を処分する業務を行うなどして収益をあげます。従来、債権回収は弁護士のみに認められた業務でした。しかし、債権回収業務の重要性の高まりを背景に、1999年(平成11年)2月1日に「債権管理回収業に関する特別措置法(以下、サービサー法)が施行され、扱える金銭債権の種類を限定する形で、民間企業の参入が可能になりました。サービサーになるためには、下記のような点を満たした上で、法務大臣の許可が必要です。

■資本金が5億円以上の株式会社であること。

■常務に従事する取締役の1名以上に弁護士が含まれること。

■暴力団員等がその事業活動を支配し、あるいは暴力団員等を業務に従事させるなどのおそれのある株式会社でないこと。

■役員等に暴力団員等が含まれていないこと。

どうですか?サービサー、債権回収会社と聞くと少し怖いイメージを持たれていた方もいらっしゃると思いますが、ちゃんと法務大臣の許可を得た会社ですのでご安心ください。サービサーから連絡がきていてどのように対応したらいいか分からないとお悩みのかた、お気軽にご連絡ください。私達は任意売却の専門会社です。お任せください(^^)/

 

※弊社では、住宅ローンの返済でお困りのかたのサポート事業に力を入れております。「電話はちょっと…」というかたはメール相談も受付ていますのでお気軽に入力してください。どうぞよろしくお願い致します。→メール相談

※今日のお薦め物件はこちらです♪→サンライフ藤松505号   角部屋!!キレイです!!

 

個人再生について

2018/12/16

おはようございます。今日は、個人再生についてお話ししたいと思います。個人再生とは、債務を返済できなくなる前に、弁済計画を立てて裁判所に申し立てることによって債務を圧縮する手続きのことです。個人事業主やサラリーマンなどの個人債務者を対象とする制度で、自己破産することなく債務を整理することができます。つまり、借金を大幅に減額し原則3年(最長5年まで伸長可)で返済する手続きです。ここで、自己破産との違いをまとめてみたのでご参考ください。

①個人再生は返済することが前提の手続きになりますが、自己破産の場合は、免責(借金を免除してもらうこと)されれば返済不要です。

②個人再生は免責不許可事由があっても問題はありませんが、自己破産の場合は、免責されない場合もあります。

③個人再生はマイホームを手放さずに済む可能性がありますが、自己破産の場合は、持ち家は必ず手放すことになります。

 

③を詳しく説明します。住宅を保持するために、住宅ローンだけを減額せずに支払っていく計画を、住宅資金特別条項といいます。任意売却の相談を受けると、多くの方が「そのまま住み続けたい」というご希望をお持ちです。そのご希望を叶えるひとつの方法が、この住宅資金特別条項です。弊社でもこれまで多くの方のマイホームをこの制度で守ってきました。他の債務の支払いが多くて住宅ローンの支払いが厳しくなってきたという方、まずはお気軽にご相談ください。一緒に解決に向けて取り組んでいきましょう。私達があなたのバディ(=相棒、仲間)です。あなたからのお電話、心よりお待ちしております。

 

※弊社では住宅ローンにお困りのかたのサポート事業に力を入れております。どんな状況でも構いません、お気軽にご相談ください。弊社は任意売却の専門業者です。お任せください!!→西日本任意売却サポートオフィス

※今日のお薦め物件はこちらです(^^)/→グリーンコーポ藤松201号  平成30年12月中旬ハウスクリーニング済み(^^)/

任意売却の流れについて

2018/12/06

おはようございます。今日は「任意売却の流れ」についてご説明させていただきたいと思います。

①まずは当社にご相談…お客様のお話を伺った上で、一番ベストな方法を選択します。

②現状の聞き取り、ご希望を優先…将来についての展望から現状のことを考え、ご希望を優先します。

③媒介契約…お客様の代理人として、各種調査、交渉を行います。

④不動産価格調査…近隣の相場や蓄積されたデータ、取引事例をもとに価格調査を行います。

⑤金融機関などの債権者との交渉、調整…債権者が複数いる場合には、配当の調整などを用いて個別に交渉します。クレジット会社やサラ金との債務減額交渉等については、親身になって話を聞いてくださる信頼できる弁護士の先生をご紹介することもできます。

⑥不動産売買契約…適正価格で購入された買主と売買契約を締結していただきます。

⑦売買契約・再出発支援資金…売買代金の決済。各債権者に競売の取下げ、抵当権の抹消を行ってもらいます。引越し費用や余剰金などが支払われるのは、この時点です。

⑧新生活スタート!!…新たな生活のスタートです。新居の手配のお手伝いもさせていただきます。

 

このような流れで任意売却は進んでまいります。分からない点、不安な点がある際は、いつでもお気軽にお問合せください。任意売却のプロが親身になってサポート、アドバイス、ご提案させていただきます。私達にお任せください♪

 

※弊社では住宅ローンの支払いにお困りのかたのサポート事業を行っております。弊社の任意売却用サイトをぜひご覧ください。不安解消、お悩み解決の一助になるはずです。→西日本任意売却サポートオフィス

※今日のお薦め物件はこちらです(^^)/→サンライフ大里602号  内装大規模リフォーム済み&ルーフバルコニー付き♪

住宅ローンの事前審査について

2018/12/02

おはようございます。昨日の午後からなぜか喉がつぶれ、声がガラガラ声になってしまいました。原因が分かりません。体は元気なので風邪ではないような気もするんですが、全然声が出ないです(^_^;) 声がガラガラ声になっているので、お客様にはご迷惑おかけしていると思います、申し訳ございません(^_^;) 昨日からのどアメを舐めてますが全然効果がありません…。早く治るように祈っております…(^_^;)

 

さて、今日は住宅ローンの事前審査についてお話ししたいと思います。事前審査には5つの大きなポイントがあります。まずは、

①申込時年齢と完済時年齢…一般的に、借入の年齢が20歳以上70歳までです。完済時年齢は80歳までという金融機関が多いですね。

②年収と返済期間、返済負担率…年収によって支払い可能額が変わってきます。

③勤務年数、雇用形態…勤続年数が長いほど有利です。一般的に勤務年数1年以上が条件になっている金融機関が多いです。派遣社員や契約社員は融資対象外としている金融機関もありますのでご注意ください。

④債務(借金)状況…返済負担率では、住宅ローンに限らず、カードローンなどの借入の返済額も合計して計算されます。すでに借金がある場合は、住宅ローンの借り入れ額が減ってしまう場合もあります。

⑤健康状態…住宅ローンを組む際、団体信用生命保険(団信)の加入が審査条件となります。団信とは、生命保険なので、健康状態が悪い場合は、加入できない場合もあるのでご注意ください。

よく分からない点、不安な点等あるかたはお気軽にご相談くださいませ。どうぞよろしくお願い致します。

 

※弊社では住宅ローンにお困りのかたのサポート事業にも力を入れております。どんな状況でも構いませんのでお気軽にお問合せください。まずは、弊社の任意売却用サイトをご覧ください!!こちらからどうぞ♪→

※今日のお薦め物件はこちらです(^^)/→直方市大字感田売家   

任意売却後の残債について②

2018/11/30

おはようございます。早いですね~、金曜日です。しかも月末です。12月の忘年会の予定も入ってきました。飲み過ぎ、食べ過ぎに気を付けて体調管理をしっかりしていきたいと思います。さて、今日は昨日からの続き、「任意売却後の残債について②」をお伝えしたいと思います。任意売却後の残債は先日もお伝えしたように、基本的には『債権者(サービサー)と協議の上でご相談者様の生活の再建に支障が出ない範囲で月々少しずつ返済していく』です。その後、少しずつ返済している間に債権譲渡が繰り返されて返済先が変わっていくうちに、「まとめていくらお支払いしていただければ債務免除しますよ」という提案を債権者から受ける場合もあります。債権譲渡のたびに債権額が圧縮されているのがその原因です。任意売却直後のローンの残債が1,000万円近くありましたが、数年間の返済の間に債権譲渡が繰り返され、最終的に50万円の一括金で債務免除の話がついたケースもあります。

 

債務者にとってはありがたい話ですが、すべての債権者がはじめから残債の圧縮に応じてくれるとは限りませんし、圧縮される金額も一律ではありません。債務者の生活状況や収入・財産などを考慮して、あくまで債権者が方針を決定するものですから、必ずしもご自身の思い通りになるとは限らないとご承知おきください。任意売却後の残債に関しては必ずこうだという決まりがあるわけではなく、ケースバイケースです。返済先が変わったり状況が変わったときはお気軽にご相談ください。私達は、任意売却後も弁護士や司法書士等の法律の専門家と一緒にアフターフォローしていきます。私達にお任せください!!

 

※弊社は住宅ローンの返済にお困りの方のサポート事業に力を入れております。これまで多くの方のサポートをさせていただき、多くの方からお手紙をいただいております。ぜひご覧ください!!→『お客様の声』

※今日のお薦め物件はこちらです(^^)/→オークランド南小倉501号 内装リフォーム済みのキレイな物件です(^^)/

任意売却後の残債について

2018/11/29

おはようございます。今日は任意売却後の残債についてお話ししたいと思います。任意売却のご相談をいただく際、多くの方から「任意売却後の残債はどうなるんですか?」と質問をいただきます。やはり心配だと思います。残債については大きく分けて2通りです。

①サービサー(債権回収専門会社)等と話し合い、払える範囲で払っていく。(例:月々1万円ずつ払っていく)

…任意売却後の残債については、担保のない債権(=不良債権)ですので、サービサー側にとっては、自己破産等の法的手続きをされて回収が0円になってしまうよりは少額でも回収できたほうがメリットはあるので、話し合いには応じてくれやすいケースが多いです。但し、いろんなサービサーがいて対応の仕方もケースバイケースなのでご注意ください。

 

②自己破産

…自己破産をすると残債の支払いは0になります。しかし、自己破産はメリットもあれば当然デメリットもあります。自己破産をした方がよいのかどうかまずは、ご自身の状況をしっかり把握してみましょう。急いで自己破産をする必要はありません。「最終手段」として考えてみてはいかがですか?

又、「自己破産=悪いこと」と思われている方がいらっしゃいますが、自己破産は国がちゃんと法律で定めている救済制度です。利用することによって今後の生活が良くなり、気持ちも前向きになるのであれば検討する価値は十分あると思います。

 

今回は残債についてのお話ですがいかがでしたでしょうか?ご不明な点、不安な点等ありましたらいつでも構いませんのでお気軽にご連絡ください。どうぞよろしくお願い致します(^^)/

 

※弊社では住宅ローンにお困りの方のサポート事業に力を入れております。毎週末には「住宅ローンにお困りのかた限定の無料相談会」を開催しています。要予約です。まだ空きはございますのでお気軽にお問合せください。→西日本任意売却サポートオフィス

※今日のお薦め物件はこちらです(^^)/→苅田町若久町三丁目売家