‘リースバック’ カテゴリーのアーカイブ

リースバックの壁は厚い‼

2021/11/21

おはようございます。今日は日曜日ですが、弊社は今日も元気に営業しています。不動産売却、不動産購入をご検討中の方、空き家の処分にお困りの方、住宅ローンの返済にお困りの方、お気軽にご相談ください、私達にお任せください‼さて、最近、またまたリースバックのご相談が増えてきました。弊社に相談される前に、他社にもいろいろ相談していたみたいですが、提示された内容が不安だったみたいでした。ご提案された内容が書かれた紙をみると、ちょっとひどい内容でしたね、、、不必要な余分な費用を取り過ぎていました。そして、お客様にデメリットの多い内容になっていました。「お断りしたほうが良いですよ、、、」とご提案させていただきました。

 

CMでは簡単にリースバックできるような内容のものが多いですが、実際はそうではありません。購入していただく価格によって家賃も変わってきます。長く住む予定であれば、その家賃が無理なく払っていけるものなのかどうかしっかり判断する必要があります。そして、価格が想定よりもあまり低いようであれば今の家にこだわらずに通常売却で高く売却して、民間賃貸に引越したほうがメリットが多い場合ももちろんあります。弊社ではこれまで多くのリースバックのご相談を受けてきました。リースバックをご検討されている方はお気軽にご相談ください、相談は無料ですのでご安心ください、どうぞよろしくお願い致します<(_ _)> ☎0120-86-2081

※弊社公式サイト→株式会社バディ

任意売却とリースバック‼

2021/09/28

おはようございます。今日は任意売却のご相談で糸島市に行ってきます。弊社では任意売却事業にも力を入れております。いろんな事情で住宅ローンの支払いが厳しくなることは誰にでも起こります。弊社では、これまでも多くの相談を受け、これまで多くの任意売却を成功してきました。相談の中で一番多いのは「住み続けたい」です。「子供に転校させたくない」「高齢の母に引越しをさせるのは辛い」等、いろんな思いからそのまま「住み続けたい」という希望を持たれています。

 

住宅ローンが払えなくなったのに「住み続ける」のは難しいと思っている方が多いと思いますが、可能性はゼロではありません。方法とすれば3つあります。今日はそのうち「リースバック」について説明します。「リースバック」とは、不動産投資家や不動産投資会社に購入してもらい、その後に、家賃として払いながら住み続ける方法です。ただ、絶対にできるとは限りません。いろいろと条件をクリアしなければいけません‼そして、どの不動産会社でもできるとは限りません。やはり、知識、経験、実績が大事です。弊社ではこれまで多くの「リースバック」を取り扱ってきました。「リースバック」をご検討中の方はお気軽にお問い合わせください、必ず力になります‼どうぞよろしくお願い致します<(_ _)> ☎0120-86-2081

※弊社公式サイト→株式会社バディ

リースバックってご存知ですか?

2021/09/19

おはようございます。3連休のお客様も多いと思います。不動産売却、不動産購入を検討中の方、空き家の処分にお困りの方、住宅ローンの返済にお困りの方、お気軽にご相談ください。弊社は行政書士事務所も兼務しており、法務案件も得意としています。どんな状況でも構いませんのでお気軽にお問い合わせくださいませ。お力になれるように全力でサポート、アドバイスさせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

 

さて、皆さんはリースバックってご存知でしょうか?最近はニュースやCMなどで取り上げられていることも多くなったので耳にしたことはあるんではないでしょうか?「リースバック」は住まいを売却した後でも賃料を払って住み続けることができます。メディアやCMでは簡単そうに伝えていますが、実際はそうではありません。いくらで購入してもらうのか、賃料はいくらに設定するのか、その他の条件はどうするのか等々、気を付けなければいけない点は多々あります。又、取り扱ったことがない不動産業者も多いです。弊社はこれまで経験、実績が豊富で知識も得ております。リースバックについて詳細をお聞きになりたい方、実際に検討している方、お気軽にご相談ください。安心、安全に取引できるようにお手伝いさせていただきます、どうぞよろしくお願い致します。

リースバックのデメリットについて

2021/01/16

おはようございます。1週間が早いです、もう週末です。今週末も有難いことにいろいろとアポイントが入っております、気合い入れて頑張ってまいります。不動産売却、不動産購入をご検討中の方、空き家の処分にお困りの方、住宅ローンの返済にお困りの方、お気軽にご相談ください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。さて、前回はブログで「リースバックのメリット」についてお話したと思いますが、今回は、「リースバックのデメリット」についてお話ししたいと思います。3つ挙げてみました。

①家賃を支払わなければいけない。…リースバックで住み続ける場合は、「家賃の支払いが絶対条件」になります。「ちょっと待って」ができません。万が一、家賃が払えなくなったら、購入してくれた方と信頼関係が崩れるので退去せざるを得ません。ということは、無理なく払っていける家賃になっているかどうかを事前にしっかり確認する必要があります。

②保証会社の審査を受けなければいけない。…現在、賃貸物件を借りる際は家賃保証会社の審査が条件になっている物件がほとんどです。「リースバック」とは購入してくれた方と、賃貸借契約を締結して、賃借人として住み続けることになるので、家賃保証会社の審査を受ける必要があります。

➂不具合等が出れば、自己負担。…物件などで不具合が出れば、賃貸マンション等は異なり入居者様の負担で補修、交換等行ってもらいます。しかし、賃貸借契約時に敷金・礼金などをいただくことはありません。そして、退去の際も、余程重大、悪質な欠陥がない限りは請求されることはありません。

どうですか?やはり、一番重要なのは「家賃設定」です。家賃が無理なく払っていけるものなのかどうかをしっかり見極めてください。リースバックについてのご質問はお気軽にご連絡ください、どうぞよろしくお願い致します<(_ _)>  ☎0120-86-2081

※弊社メインサイト→株式会社バディ

※門司区専門サイト→門司区の情報が満載です(^^)/

リースバックのメリットについて

2021/01/14

おはようございます。さぁ、今日も一日頑張ってまいりましょう。今日は、近年お問合せが増えてきた「リースバック」についてお話したいと思います。リースバックとは所有しているご自宅を売却し、売却代金を手にした後も、購入してくれた方に家賃を払いながら住み続ける方法です。生活環境が変わらないので、お子様のいるご家庭では転校など必要ありません。そして、ケースによっては、月々の支払いが以前の住宅ローンよりも大幅に安くなる可能性があります。しかし、これは、購入金額と家賃設定によって変わってくるので一概には言えませんが、、、。次に、固定資産税の支払いがなくなります。固定資産税は所有者の負担になります。リースバックすることにより、所有者が変わるので固定資産税の支払い義務はなくなります。

 

又、同じように、マンションの場合は、管理費・修繕積立金の支払い義務がありますが、これも新所有者の支払い義務になるので、リースバックをすることによって支払い義務はなくなります。新所有者が家賃の中から管理組合に支払うようになります。将来的に買い戻すことも可能です。例えば、お子様が成人してお仕事につけば住宅ローンが組めるような状況になると思います。そうすれば、お子様名義で買い戻すことも可能になります。このように、リースバックのメリットはあります。CMやニュースでは、メリットを強調して宣伝していますが、デメリットも必ずあります。そして、ケースによってはリースバックすることでこれまで以上に状況が悪くなる可能性もありますので十分気を付ける必要があります。リースバックを検討している方、お気軽にご相談ください、どうぞよろしくお願い致します。   ☎0120-86-2081

※弊社メインサイト→株式会社バディ

※門司区専門サイト→門司区の情報が満載です(^^)/

リースバックの相談が増えてきました、、、

2020/12/07

おはようございます。最近は、リースバックの相談が増えてきました。CMの影響もあると思いますが、CMと実際は全然違います。CMのような感じにはなかなかなりません。10件相談いただいて、実際にリースバックできるのは1件ぐらいだと思います。なぜか?リースバックはハードルが高いんです。詳しくご説明したいと思います。大きく分けて3つ挙げられます。

①購入価格…リースバックには「投資家」や「投資会社」に購入していただくことが必要です。「住み続けたい」という希望を叶えるため、その希望に応えてくれる買主を探さなければいけません。その際、投資家がいくらで購入できるかが成功するかどうかのポイントになります。

②家賃設定…毎月支払う家賃がそれまで払っていた住宅ローンの月額より高くなってしまったら意味がありません。逆効果になってしまいます。無理せずに支払える家賃かどうかのチェックが大事です。

③物件状況…リースバックを成功させるため、物件の状態、権利関係、周辺環境等詳細に調査して査定します。

よって、この3つをクリアしなければいけません。高く買ってもらいたいけど、高く買ってもらったら家賃設定があがるし、そして、物件の状況によっては、価格が低くなってしまったり、購入してもらえなかったり、、、と、リースバックしたくても実際はなかなかできないというのが現状です。しかし、弊社ではこれまで多くのリースバックを成功してきた知識、経験、実績があります。リースバックを検討されている方はお気軽にご相談ください、もちろん、相談は無料で行っております。どうぞよろしくお願い致します<(_ _)> ☎093‐932‐1504

リースバックのデメリット(^^)/

2020/10/19

おはようございます。さぁ、月曜日です。今週も元気に頑張っていきましょう(^^)/ 最近、リースバックのご相談が増えてきました。CMの影響もあると思いますが、実はリースバックは希望していても実際はなかなか難しいケースが多いです。今日は、リースバックのデメリットをお話したいと思います。リースバックとは、所有している不動産を購入していただき、その購入者に賃料を払いながら住み続けることができる方法です。まずは、

①家賃を払わなければいけない。…リースバックで住み続ける場合、「家賃の支払い」が絶対条件になります。万が一、家賃が払えなくなれば投資家(又は投資会社)との信頼関係が崩れますので、退去せざるを得ません。つまり、無理なく払っていける家賃設定かどうか事前にしっかりと確認することが大事です。

②保証会社の審査を受けなければいけない。…現在、賃貸物件を借りる際は家賃保証会社の審査が条件になっている物件ばかりです。リースバックも売却後は賃貸借契約を締結し、賃借人として住み続けることになるので、家賃保証会社の審査を受ける必要があります。

③不具合等がでれば、自己負担。…物件で不具合があれば、賃貸マンション等とは異なり入居者様の負担で補修、交換等を行ってもらいます。しかし、賃貸借契約時に敷金・礼金等をいただくことはありません。そして、退去の際も、余程重大、悪質な欠陥がない限り請求することはありません。不具合等が出た際の業者のご紹介はいつでもできますのでお気軽にご相談ください。

このように、リースバックはデメリットもあります。なので、まずはしっかりと考えることが大事です。不安な点、不明な点がある方はお気軽にご相談ください、どうぞよろしくお願い致します<(_ _)>  ☎093-932-1504

※弊社サイト→株式会社バディ

住み続けれる方法(*´▽`*)

2020/06/06

おはようございます。今日は土曜日です、今日も一生懸命、元気に頑張っていきましょう。さて、今日は任意売却の際を「住み続けたい」という希望を叶える方法についてお話したいと思います。任意売却の相談を受ける際、「そのまま住み続けたい、、、」という希望を持たれている方が6~7割はいらっしゃいます。住み続けるという希望を叶える方法は3つあります。まずは、①お子さん、知人・親戚に買ってもらう方法です。一部の金融機関では親子間での売買の取り扱いが可能です。まずはできるかどうかを調べるところからスタートです。②投資会社に買ってもらう方法です。家賃を払って住み続ける方法で、何年後かには買い戻すことも可能です。③個人再生です。家に住んだまま借金を圧縮する債務整理手続きです。住宅ローン以外の借金についてはかなり減額することができます。自己破産ですと、借金は帳消しですが、自宅も失ってしまいます。

家族で住む自宅を守りたいというご要望をいただくことはたくさんあります。条件さえクリアすれば、今のご自宅に住み続けられることも可能です。ご相談いただく状況によって、お薦めできる方法も異なりますので、まずはお電話にてご相談ください。どうぞよろしくお願い致します。早め早めの相談が問題解決の第一歩です(^^)/

買戻しができたケース♪

2019/09/13

おはようございます、早いですね~、金曜日です(^_^;) 明日から3連休の人もいらっしゃると思いますが、弊社は元気に営業しております♪ご相談などある方はお気軽にお問合せください。さて、先日は、ある物件の決済がありました。お客様のK様とは1年前に出会いました。K様は転職からの収入ダウン等が理由で、ご自宅を担保にしていたローンが滞り始めました。当初はなんとかやりくりしていたんですが、とうとう競売の申立てをされてしまうことに…。そして、弊社にご相談いただきました。これまでの経緯や今後の希望を聞かせていただくと、高齢の母と同居しており、できればそのまま住み続けたいとのことでした。残債も残りわずかでしたが、そのわずかがなかなか用意できないということでしたので、一旦弊社が購入することになりました。

 

そして、住み続ける間は家賃を払っていただくことになるんですが、K様にとって無理なく払っていける家賃に設定させていただきました。当時から、いずれは買戻ししたいと仰ってましたので、契約書には買戻し特約を付けて締結しました。それから約1年後、K様からご連絡いただき、資金が用意できたので買戻ししたいとのことでした。先日、久し振りにお会いしたんですが、元気そうな表情で、「当時は本当に助かりました、ありがとうございました!!」と仰ってくださいました。お孫さんもできたとのことで嬉しそうでした(^^)/  今回のように、住み続けたいという方はリースバックという方法もあります。そして、買い戻すことも可能です。詳細をお聞きになりたい方はお気軽にご連絡ください!!どうぞよろしくお願い致します。

 

※弊社はホームページ運営に力を入れております。ブログやコラム等で情報発信しているのでぜひご覧ください(^^)/→株式会社バディ

※今日のお薦め物件はこちらです(^^)/→北九州市小倉北区富野台売家  海が一望できます(^^)/

リースバックについて(^^)/

2019/07/06

おはようございます。今日はリースバックのお問合せで志免町に行ってきます。リースバックとは、今現在所有して住んでいるご自宅を第三者に売却をして、家賃を払いながら住み続けるという方法です。最近、大手フランチャイズの不動産会社がCMを流したりしているので耳にしたことがある人は多いと思います。しかし、このリースバックはどのケースも可能かというとそうではありません。超えなければいけない壁がいくつかあります。まずは、リースバックは一旦売却をして賃料を払って住み続ける訳ですが、売却する不動産に抵当権が設定されている場合、その売却価格が住宅ローンの残債を上回っていることが前提条件になってきます。もし下回っている場合は不足分を現金で用意して、住宅ローンを完済しなければいけません。

 

次に、家賃が払っていける家賃設定になっているかどうかです。賃料の決め方は売却価格から割り出します。売却価格に対して、年間支払賃料の利回りが8~12%の間で設定するようにしています。8~12%と幅があるのは、その不動産の立地や流通性、建物の価値などを総合的に判断して決定します。なので、家賃がこれまでの住宅ローンの月々の支払い額よりも高かったりすると、リースバックする意味がなくなることになります。なので、よくよく検討する必要があります。弊社ではこれまで数多くのリースバックを取り扱ってきました。どんな状況でも構いませんのでお気軽にご相談ください。お力になれるように全力を尽くします。どうぞよろしくお願い致します(^^)/

※弊社では住宅ローン返済のサポート事業にも力を入れております。どんな状況でも構いませんのでお気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願い致します(^^)/→住宅ローンにお困りの方限定の無料相談会

※今日のお薦め物件はこちらです(^^)/→ホワイトキャッスル戸畑701号 内装大規模リフォーム済み(^^)/